TTSのデモボードと試乗用のペアが届きました。

DSC_0727

トゥーピースとハードワイヤーは写真のようなパーツで構成されます。

テレマークスキーヤーマガジンの動画ではSTS同様にクランポンスロットがついていましたが、実際の商品では黒いコの字のパーツでスロットのスペースをつぶしています。まぁハードワイヤーと干渉するので、この位置にクランポンはつけられませんね。

DSC_0730

ピボットは2か所、ベースは6穴です。資料ではボレーのトレードマークの6holeという説明だったので、てっきりヒールライザーの2穴も含めた6穴だと思ってましたが、スイッチバックの4穴プラス2穴の6穴です。ボレーのジグでいうとスイッチバックの4穴+3ピンのテール側の2穴を使用します。

https://www.voile.com/voile-binding-mounting-jig.html

トゥーピースの3穴の位置は固定なので他社のテックビンディングはマウントできません。

さて、実は試乗機についてはロッドの長さやピボットの位置を変更できるようにインビスにしようとしていましたが、どうやら難しいようです。

(※インビス化は全てのメーカーで非推奨です。PLの対象外ともなりますのでご了承ください)

真ん中の穴がトゥーピースで微妙に隠れます。トゥーピースを外せばいいのですが、樹脂パーツにビスを入れるので、何度も着脱しているとビス穴がバカになります。

とりあえずインビス化は諦めることになりそうですが、なるべく早めに試乗機を作ってお試し頂く場を作ることにします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中