ultravector.jpgultravector-bc.jpg

来季のアップデートはスキーに関してはウルトラベクターのみとなります。
従来のベクターはカーボン・ファイバーシートを2枚使用していましたが、これを1枚とすることでよりしなやかなフレックスに調整、また、サイドカーブを小さくすることでカービング性能を高め、取り回しのよいモデルとなっています。

現状米国で最も人気が高いのはV6ですが、今回のアップデートによりウルトラベクターが主力となるであろうというのがVoile本社の見解です。

実際試乗会での評判も上々でした。
以前は北米の板というと堅い、重いといった印象の板が多かったように思いますが、昨今DPSやG3なども乗り味をマイルドに調整しており、北米全体のトレンドのようにも思えます。

Spec
core:Aspen

  • Ultra Vector
    171cm-127/94/111-R18.5
    177cm-130/96/114-R19.5
    184cm-133/98/116-R20
  • W’s Ultra Vector
    154cm-119/90/105-R16.5
    164cm-123/92/108-R18
  • Ultra Vector BC
    154cm-119/90/105-R16.5
    164cm-123/92/108-R18
    171cm-127/94/111-R18.5
    177cm-130/96/114-R19.5
    184cm-133/98/116-R20

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中